スポンサーサイト

Tags :
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JacvaScriptでInDesignやIllustratorのドキュメントに配置されているEPS画像の情報を取得する

じわじわと過去の物にされようとしているEPSですが、まだまだ製版の現場では出力用の画像として幅を利かせてると思います。が、InDesignやIllustratorでは配置されているEPS画像の解像度等の情報をJavaScriptで得るには画像ファイルを直接調べてみるしか無い様なので、そのための関数を書きました。

一応、IllustratorとInDesign両方で動く様になっています。InDesignの場合はEPSクラスのprototypeを拡張する書き方の方が良いかもしれませんが。

InDesignのJavaScript書く時いつも参考にしているサイト InDesign Scripting ReferenceのEPSクラスのプロパティの所に解像度を示す『actualPpi』『effectivePpi』の記述があるので、もしや?と思ったんですけど本当に値を持ってるのか確認できず…(for ~ inでオブジェクトを見たんですが解像度がらみのプロパティは表示されませんでした。ひょっとして英語版との差とかあるんでしょうか)

■使用例
以下の様に、配置された画像を引数として渡します。
/*
	epsObj は処理するEPS画像

	InDesignの場合はallGraphics等で得られるEPSオブジェクト
	Illustratorの場合はPlacedItemオブジェクトを渡す

*/

 //クリエータを得る
var creator = epsInfo.getCreator(epsObj);

//カラーモードを得る
var mode = epsInfo.getMode(epsObj);

 //エンコーディングを得る
var encoding = epsInfo.getEncoding(epsObj);

 //解像度を得る
var ppi = epsInfo.getPpi(epsObj);

//まとめて連想配列で得る
var epsInfoObj = epsInfo.getAll(epsObj);
最近のPhotoshopやIllustratorで保存されたEPSなら対応出来てると思いますが、変な訛りのあるEPSだとちゃんと動作しないかも知れません。処理出来なかった場合はundefinedが返ります。

■動作確認
MacOSX 10.5.7
InDesign CS4
Illustrator CS4
var epsInfo = {
	'parseHeader': function(imgObj) {
		if (imgObj.constructor.name == 'EPS') { 
			var f = new File(imgObj.itemLink.filePath); // InDesign
		} else if (imgObj.constructor.name == 'PlacedItem') {
			var f = new File(imgObj.file); // Illustrator
		} else {
			return [];
		}
		if (!f.open("r")) return [];
		for (var i=0; i<500; i++) {
			var line = f.readln();
			if (line.indexOf("%%Creator", 0) != -1) {
				var creator = line.slice(10);
			} else if (line.indexOf("%%HiResBoundingBox", 0) != -1) {
				var hrbbParams = line.split(" ");
			} else if (line.indexOf("%ImageData", 0) != -1) {
				var idParams = line.split(" ");
				break;
			}
		}
		f.close();
		return [creator, hrbbParams, idParams];
	},

	'getMode': function(imgObj) {
		var headerObj = this.parseHeader(imgObj);
		if (!headerObj[2]) return;
		var idParams = headerObj[2];
		switch(idParams[4]) {
			case "4":
				return "CMYK";
				break;
			case "3":
				return "RGB";
				break;
			case "2":
				return "Lab";
				break;
			case "1":
				return (idParams[3] == 1) ? "1bit" : "Gray";
				break;
			default:
				return;
		}
	},

	'getEncoding': function(imgObj) {
		var headerObj = this.parseHeader(imgObj);
		if (!headerObj[2]) return;
		var idParams = headerObj[2];
		switch(idParams[7]) {
			case "7":
				return "ASCII85";
				break;
			case "6":
				return "JPEG:Max";
				break;
			case "5":
				return "JPEG:High";
				break;
			case "4":
				return "JPEG:Mid";
				break;
			case "3":
				return "JPEG:Low";
				break;
			case "2":
				treturn "ASCII";
				break;
			case "1":
				return "Binary";
				break;
			default:
				return;
		}
	},

	'getPpi': function(imgObj) {
		var headerObj = this.parseHeader(imgObj);
		if (!headerObj[1] || !headerObj[2]) return;
		var hrbbParams = headerObj[1];
		var idParams = headerObj[2];
		var pt_x = hrbbParams[3];
		//var pt_y = hrbbParams[4];
		var px_x = idParams[1];
		//var px_y = idParams[2];
		return (px_x / pt_x * 72).toFixed(1);
	},

	'getCreator': function(imgObj) {
		var headerObj = this.parseHeader(imgObj);
		return headerObj[0] ? headerObj[0] : undefined;
	},

	'getAll': function(imgObj) {
		return {
			'creator': this.getCreator(imgObj),
			'mode': this.getMode(imgObj),
			'encoding': this.getEncoding(imgObj),
			'ppi': this.getPpi(imgObj)
		}
	}
}
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Profile
choco
Author : choco

印刷・製版の現場を経て、広告制作会社でPhotoshopを使ったビジュアル制作を担当。

→現在は車載機器開発ベンダにて、組み込み3Dデータ作成やUIデザインなどを行っています。

Categories
Favorites


Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。