スポンサーサイト

Tags :
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

画像フォーマットとファイルサイズ

Tags : [Image]
仕事で扱う画像ファイルを整理していて、同じ画像サイズ(ピクセル数)でもPhotoshopのPSDとTIFFでそれぞれ保存した時の容量が違う(TIFFの方が大きい)のが気になったのでメモ。

フォーマットごとのファイルサイズの違いは、普段の作業で漠然と認識してはいたけれど、具体的に比較していた訳では無かったし、ちょっと数字で再確認・・・・

以下は絵柄やサイズの違う30点程の高解像度画像(CMYK、RGB混在)の平均値で比較。
スタジオでの商品撮影なんかだと、背景がフラットな場合が多いので、更に圧縮率が高まりそう。

『TIFF(圧縮なし)』を100とした場合
『PSD』 85
『EPS(バイナリ)』 130
『EPS(JPEG最高画質)』 13
『TIFF(LZW圧縮)』 38

まず、TIFF(圧縮なし)の場合、絵柄に関係なく同じ画像サイズ(ピクセル数)の画像は全て容量が同じ。

それに対して、PSDはピクセル数が同じでも、絵柄によるファイルサイズの違いが有り、フラットな絵柄になるとかなりファイルサイズが小さくなるので、何らかの圧縮が行われてる。
調べてみると、Photoshop3.0以降では、PSDはBMPと同じくRLE(ランレングス法)で圧縮されてるらしい。(試しにPhotoshop2.0互換で保存すると、TIFFとほぼ同じ、正味のピクセル数でファイルサイズが決まる)

これが、『EPS-バイナリ』(JPEGエンコーディング無し)だと、PSDの1.5倍近い容量になるので、プレビュー画像が含まれてるとはいえ、かなり冗長な感じ。
『EPS-JPEG最高画質』になると、当然、一気に容量が小さくなる。通常の仕事であれば、品質的に特に問題も無く、そのまま出力に使えるこの形式で保存。
但し、何度も直し(色補正)が入る様な仕事の場合は『EPS-バイナリ』で保存してるので、これをPSDに置き換えるとかなり節約できる。

TIFFのLZW圧縮を使って保存した場合は、圧縮無しのTIFF画像の約1/2の容量になるので、デジカメ撮影で入稿された画像(TIFFでの入稿が多い)を劣化させずに保存したい場合はこれを使うのが良いかも。(まぁ、ほとんどの場合、JPEG保存でも問題ないのだけれど・・・)
FTPやHTTP経由でTIFF画像を受け取りたい場合も有効かな。その方がカメラマン自身も時間取られなくて済むし。でも、普通はJPEG使うか・・・

しかし、圧縮を行うフォーマットだと、確実に演算処理が増えている筈なのに、保存の時の体感速度の差は感じられない。実際は時間がかかってるのかもしれないけれど、最近のマシンパワーなら問題にならないレベルなのかも・・・(むしろファイルサイズの大きさによる保存やコピー等、ディスクアクセスによる違いの方が大きい)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Profile
choco
Author : choco

印刷・製版の現場を経て、広告制作会社でPhotoshopを使ったビジュアル制作を担当。

→現在は車載機器開発ベンダにて、組み込み3Dデータ作成やUIデザインなどを行っています。

Categories
Favorites


Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。