スポンサーサイト

Tags :
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕事用G4をアップグレード

自分は今は主に画像を扱う部署にいるので、印刷会社の中では比較的OSやアプリの互換性の縛りは緩い方だと思うんですが、周りのMac OS Xへの移行が進まず、稟議もなかなか通らなくてもういいかげん痺れを切らしたので自分の作業環境だけOS Xに移行しました。(自腹で。)

仕事で使うとなると予測してない問題点も出てくるだろうし、OS 9の環境で使ってるスクリプトやユーティリティ類をOS X用に移植したり、代替の物を探したりしないといけないので、それらの準備も兼ねてるんですが。

ただ、マシンがG4 466MHz(Digital Audio)と、非常に非力なマシンで、そのままではとてもCS2を動かせないのでハード面もアップグレード。
OS 9とのデュアルブートで使えて、そう遠くない将来マシン自体をリプレースする事も踏まえて、あまり気合いを入れないチョイスをしました。

内容としては、
CPUをFastMacのG4 1.5GHz、メモリをMaxの1.5GBに。
ビデオカードをQuartzExtreme対応で、かつOS 9ブート時でも問題なく使える物に。ATI Radeon7500あたりが手頃で良かったけれど、たまたまVintageComputerさんに入荷してたnVIDIA GeForce4 Tiに変更。
P1000894.jpg

P1000897.jpg

最高スペックを目指すならまだまだ余地はありますが、これ以上は費用対効果が薄れてくると思います。

で、結果としては、速度的にはかなり改善され、コストパフォーマンスはかなり良いアップグレードになりました。
仕事ではCS2のPhotoshopとIllustratorをメインに使うんですが、サクサク・・・とまでは行かないまでも、ストレス無く充分 使えるレベルです。さすがにInDesignは重めの動作ですけど。あと、ポインタの矢印にQuartzExtremeの動作を示す『影』が表示されるの がちょっと嬉しい・・・CS2がUB化されるまではなんとか持ちそうです。

ただ、中にファンが2つ増えるのと、元から付いてるファンの回転数がかなり上がるので、G4 MDD程では無いにせよファンの音はかなり大きくなります。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Profile
choco
Author : choco

印刷・製版の現場を経て、広告制作会社でPhotoshopを使ったビジュアル制作を担当。

→現在は車載機器開発ベンダにて、組み込み3Dデータ作成やUIデザインなどを行っています。

Categories
Favorites


Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。