スポンサーサイト

Tags :
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『Aperture』リリース

Tags :
Appleから新しい画像処理ソフト『Aperture』っていうのがリリースされてます・・・全然知らなかった。日本のアップルのサイトにはプレスリリース以外、商品ページはまだ出て無いみたい。

これが、Photoshopと比較して作業面でどれだけ違う物なのか興味深い。Photoshopに置き換わる物なのかどうか・・・

銀塩フィルムからデジタル画像に移行して無くなった(出来なくなった)作業を補完する狙いがあるらしい。
例えば、従来、何枚かのバリエーションとして(アングルやポーズ、露出の違い等)撮影したリバーサルフィルムをビュワーやライトテーブルの上に並べて比較したりする作業を画面上で行うといった事など・・・もちろん、今でもウインドウを並べたり、デジカメに付属のアプリを使えば可能だけれど、色補正等のレタッチを加える事を含めて、一連の作業をシームレスに行える様なスマートなインターフェースになってる感じ。

そこでキモになるのが、『非破壊画像処理』("nondestructive image prosessing")。どうやらこれは、画像そのものに処理を加えて行くのでは無く、どのような処理をしたのかという内容の履歴を保存して行くらしい。

この手の画像処理で思い出すのは『LivePicture』。作業中はIVUEって言うプレビュー用の画像に色補正等の変更をFITSファイルのヒストリーとして加えていき、最後に保存する段階で本番用の画像を演算処理して画像の劣化を最小限にする・・・色のポストスクリプトなんて呼ばれてた。ヒストリーのどの段階まで戻るかも自由。当時のPhotoshopには出来なかった。

結局、GUIの取っ付き難さと、マシンパワーの向上により、機能アップしたPhotoshopでの実画像処理がストレスなくなり、普及するまでには至らなかったけれど。

この方法なら、何枚ものバリエーションがある画像に対して、すべて同じ処理を一度に加える事も可能になるだろうし、それとは逆に一枚の元画像に対して幾つかのレタッチパターンを用意する事もできる。それで、個々の細かい作業はPhotoshopで・・・って事になるんだろうか。Photoshop もバージョンを上げる度にカメラマン向けの機能を強化して来てるので競合は必至かも知れない。

ただ、画素数が増加の一途を辿るCCDが吐き出すRAWデータを扱うので、要求されるマシンパワーはかなり高い。
カメラマンも最近はスタジオにノートPCを持ち込む事が多いけど、大型のディスプレイで無いとこのアプリの操作性は生かせ無さそうだし、本体もG5クラスを使う必要があるとすれば・・・ちょっと大変かも。

『Aperture』
http://www.apple.com/aperture/
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Profile
choco
Author : choco

印刷・製版の現場を経て、広告制作会社でPhotoshopを使ったビジュアル制作を担当。

→現在は車載機器開発ベンダにて、組み込み3Dデータ作成やUIデザインなどを行っています。

Categories
Favorites


Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。