スポンサーサイト

Tags :
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3DCGソフト『Blender』のDTPer的な利用法



DTPの制作現場に携わってると時々「この文字を立体的に表現できる?」なんてリクエストを受ける事がありますが、最近ではAdobeのアプリに3D表現の機能が充実してきたので、昔みたいにサードパーティーのプラグインを使ったりしなくてもお手軽に立体表現ができる様になってきました。ただ、どうしても「いかにも」な感じになったり、質感が乏しかったりで、先方が首を縦に振ってくれる物を作るのが難しい場合も有ります。

そこで、フリーの3DCGソフトを使ってIllustrator等で表現するよりもリアルに文字や図形を立体化する方法を紹介したいと思います。3DCGを制作する際にスキルを要する「モデリング」の部分はIllustratorで作ったパスを使うので、あとは表面の質感(マテリアルやテクスチャ)、光源を設定してやる部分さえ何とか出来れば形になると思います。

フリーで使える3DCGソフトとして、自分はいつも『Blender』を使用しています。このソフトはその気になれば本格的な3DCGアニメーションが作れるくらい多機能なんですが、始めは独特なUIに面食らってしまって使い方を覚えるのにかなり苦労しました(慣れると手が勝手に動く様になるんですが)。今回の例では一部の基本的な機能だけを使っているので、『使い方さえ解れば』それほど難しくはないと思います。

BlenderはMac、Windows、Linux等各OS用が用意されていて、UIも全く同じなので違うプラットフォームでも違和感無く使う事が出来ますが、操作は3ボタンマウス必須なのでMacの場合は用意する必要が有るかも知れません。

Blenderの基本的な操作については以下のリンク先が参考になります。
JBDP Blender Documentation 日本語版
チュートリアル(本当に初めての方のために作成したBlenderチュートリアル) - WBS+(Web/Blender Studio+)
BlenderWiki

作業の流れとしては、
・立体化したい文字や図形などをIllustratorで作成し、アウトライン化したパスをファイルとして保存する。
・Illustratorで保存したファイル(パス)をBlenderでインポートする。
・Blender上で、パスの図形に厚みを与え、表面の材質(マテリアルやテクスチャ)を設定する。
・実際に出力するイメージに合わせたカメラアングルや光源の設定をする。
・必要な解像度でレンダリングし、画像ファイルとして出力する。
といった感じになります。ただBlender上での作業は狙った通りのイメージになるまでパラメータを弄りながらある程度試行錯誤する事になると思います。

今回はあくまで「こんな方法もある」といった事を紹介するのが主目的なので具体的な操作については割愛しますが、興味のある方は上記のリンク先等を参照してみてください。作業する上でハマりそうな部分や数値などが参考になりそうな部分はスクリーンショットを載せておきます。

では実際にウチのBlogのタイトル文字を立体化してみます。

まず、立体化したい文字等のアウトラインデータをIllustratorで作成し、『SVG形式』で保存します。A3のアートボード一杯くらいの大きめのサイズで作った方がBlenderでの作業が楽になります。


BlenderにはEPSやAIフォーマットのデータをインポートする機能も用意されてるんですが、いろいろ試した結果SVGで保存したものが一番安定してインポート出来る様でした。


Blenderで、保存したIllustratorのファイルをインポートします。


次に表示されるメニューではInkSpace(.svg)を選択、『Inport Options』は何も選択しない状態でOKすれば問題無くインポート出来ました。




で、インポートされたパスに厚みを付けるんですが、『Curve and Surface』パネル中の『Extrude』で文字の厚み(奥行き)、『Bevel Depth』で角を落とすサイズの値を設定します。Illustratorで作成したパスのサイズが小さいとBlender上で拡大しても小さな数値(0.001とか)で大きく変化するので注意が必要です。


文字のオブジェクトにマテリアルを設定し、光源やカメラを配置してレンダリングします。マテリアルは鏡面加工の金属ぽい質感になるよう設定しました。光源の配置が結構キモになったりするので、いろいろ試行錯誤していきます。


レンダリング結果。ターミネーター風。


今度は別のパスをインポートして下の様な画像をテクスチャとして設定し、レンダリングしてみます。




トランスフォーマー風になりました。


もちろんアングルを自由に変えられますし、このデータをそのまま使ってアニメーションにする事もできます。


実際の制作物ではレンダリングした画像だけで完結するのではなく、別の画像と合成して使う事になる場合もあると思いますが、そんな時は後々作業がやり易い様に、文字のマテリアルを完全に白く飛んでしまう設定にしてレンダリングし、文字部分のマスクとして使える物も作っておきます。

■2009.7.21追記 コメントにて教えていただきましたが、レンダリングの設定でFormatパネルのRGBAをオンにしてPNGで書き出せば、背景が透明に抜けた状態の画像が得られます。

レンダリングした画像を印刷物に使う場合、そのままではネムい仕上がりになってしまう事があるので(テクスチャの解像度が低い場合は特に)、適切なシャープネス処理が必要になります。


以上、非常に大雑把な説明でしたが、スキルを要するモデリングの部分をIllustratorのパスを使う事によって簡略化できるので、3DCGに興味はあるけど敷居が高いと感じてる人もこの辺りから手を付けると良いんではないでしょうか。画像を見ても分かる通りBlender標準のレンダラでも品質の高いレンダリングを行う事が出来ます。自分もほんのさわりの部分しか使ってませんが、Photoshopでのちょっとした合成用素材なんかを作るのにも重宝しています。
スポンサーサイト
Profile
choco
Author : choco

印刷・製版の現場を経て、広告制作会社でPhotoshopを使ったビジュアル制作を担当。

→現在は車載機器開発ベンダにて、組み込み3Dデータ作成やUIデザインなどを行っています。

Categories
Favorites


Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。