スポンサーサイト

Tags :
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニック=ラムダ

ローソン限定1/72の缶コーヒーのおまけシリーズの続編(以前のはこっち)が出てたので、とりあえず買ってみた。





微妙に立て付けが悪い。
スポンサーサイト

AppleScriptでカタカナの『ピ』が置換できない事は無かった

非常にムダな事してました。
カタカナの『ピ』が置換できないのは、『AppleScript's text item delimiters』が原因ではなく、

set fName to name of theFile as string

としなければならないところを、

set fName to name of theFile

みたいに型を明示せずにファイル名を取得していたのが原因でした。これだと濁点や半濁点の付いたファイル名を正しく扱えません。
OS 9では問題なかったので気付かなかった…

あと、offsetで期待通りの値が返ってこない時もチェックしましょう。<自分

AppleScriptでカタカナの『ピ』が置換できない?

◆追記◆
以下、寝言エントリ




物凄く浅い所で引っ掛かってます。

何の変哲も無い、ファイル名の文字列を置換するスクリプトですが、

on open drop
   tell application "Finder"
      set targetStr to text returned of (display dialog "古い文字列を入力" default answer "")
      set newStr to text returned of (display dialog "新しい文字列を入力" default answer "")
      repeat with theFile in drop
         set fName to name of theFile
         set AppleScript's text item delimiters to targetStr
         set fName to text items of fName
         set AppleScript's text item delimiters to newStr
         set fName to fName as string
         set name of theFile to fName
      end repeat
   end tell
end open


OS Xでは『AppleScript's text item delimiters』にカタカナの『ピ』が含まれている文字列をセットすると正しく置換しない…というか何も起こってくれません。(OS X 10.3と10.4で確認。他にもダメな文字があるかも知れない。)


仕方がないので再発明しました。(いびつな車輪を)

----Finderでのエラー処理は無し----

on open drop
   tell application "Finder"
      set targetStr to text returned of (display dialog "古い文字列を入力" default answer "")
      set newStr to text returned of (display dialog "新しい文字列を入力" default answer "")
      repeat with theFile in drop
         set fName to name of theFile as string
         set fName to my replace_Text(targetStr, newStr, fName)
         set name of theFile to fName
      end repeat
   end tell
end open



on replace_Text(targetStr, newStr, baseText)
   set startPoint to 1
   set baseTextLen to length of baseText
   set targetLen to length of targetStr
   set tmpStr to ""
   repeat
      set processStr to (items startPoint thru -1) of baseText as string
      set processLen to length of processStr
      if processStr contains targetStr then
         set divList to {"", ""}
         set ofst to (offset of targetStr in (processStr))
         if ofst is not 1 then
            set 1st item of divList to (items 1 thru (ofst - 1)) of processStr as string
         end if
         if (length of (1st item of divList)) + targetLen < processLen then
            set 2nd item of divList to (items (ofst + targetLen) thru -1) of processStr as string
         else
            set processStr to ""
            set tmpStr to tmpStr & 1st item of divList & newStr
            exit repeat
         end if
         set startPoint to baseTextLen - (length of (2nd item of divList)) + 1
         set tmpStr to tmpStr & 1st item of divList & newStr
      else
         exit repeat
      end if
   end repeat
   return tmpStr & processStr
end replace_Text


『 のコピー』を取るだけなら、

on open drop
   tell application "Finder"
      repeat with theFile in drop
         set fName to name of theFile
         do shell script "echo " & quoted form of fName & " | sed 's/ のコピー//'"
         set name of theFile to result
      end repeat
   end tell
end open


の様にシェルスクリプト使うのが手っ取り早いです。(メタ文字のエスケープが必要ですが)quoted formで解決。

まだまだ捨てられない。

Tags : [mac] [tablet]
WACOMでは既にサポートは打ち切られているOS X用シリアルタブレットドライバ。

『TabletMagic』
http://www.thinkyhead.com/tabletmagic/

おそらく対象になるのはシリアルポートが残ってるPM7600とか9600とかのG2 PCI MacやベージュG3になると思いますが(PMG4+USB/シリアルコンバータの組み合わせでも動作するらしい)、MacでADBでなくシリアルのタブレット使ってる人ってどれくらいいるんだろうか。


(画像は自宅で使ってるADBタブレット)

でもPCで使ってた人が多いからシリアルタブレットのタマ数自体はADBよりも遥かに多いか。

あと、AmigaとかBeOSなんかのマイナーなプラットホーム用のタブレットドライバはここで見つけられます。
http://www.wacom-europe.com/int/downloads/driver/listall.asp?lang=en
ていうか、今時Amiga使ってるような猛者なら自力で見つけるよね。

はてなRSSをフィルタ代わりに

Tags : [Hatena] [RSS]
はてなRSSは最近使い始めたんですが、無料のレンタルスペースにブログツールを設置した際の、広告タグが挿入されたRSSもちゃんと解釈してくれるので、validなRSSを生成するフィルタ代わりになるから重宝してます。

出力に広告タグが挿入される、『Ribbon Network』の無料スペースにPHPで設置したブログが吐き出す広告タグ付きRSSをいくつかのサービスで読ませてみたんですが、

× 『FC2 RSSリーダー』
× 『Yahoo! RSSリーダー』
× 『livedoorリーダー』
× 『feed burner』
○ 『はてなRSS』
○ 『mixi』(ブログをmixi日記として登録)

みたいな結果でパースエラーになるものが多いです。(はてながいい加減なのか、他が厳格で融通が効かないのか・・・)
『XREA』の無料スペースとかだと、また違った結果になるかも知れません。


あとこれはFAQの部類に入るのかも知れませんが、

はてなRSSにフィードを登録する際、ブログツールが吐き出すRSSの内容をそのまま反映するのではなくて、おそらくはてなに残ってるキャッシュ(あらかじめ巡回してるのか、誰かが登録した際に記録してるのか)をRSSリーダーに登録するみたいなんですね。

なので、一旦ブログで公開した後にエントリを削除しても、そのブログのフィードをはてなRSSに登録すれば(キャッシュが残っていれば)当該エントリを見れてしまうというちょっとコワイ仕様になってます。(キャッシュが残る事自体ははてなに限った事ではないんですが、意図してなくても容易に見れてしまうという点でコワイ)

この辺も関係あるんだろうか。

http://q.hatena.ne.jp/1140959285


◆追記◆
って思ったら、リーダーで読める形でキャッシュが残ってるのは記事のサマリーだけだったか。

仕事用G4をアップグレード

自分は今は主に画像を扱う部署にいるので、印刷会社の中では比較的OSやアプリの互換性の縛りは緩い方だと思うんですが、周りのMac OS Xへの移行が進まず、稟議もなかなか通らなくてもういいかげん痺れを切らしたので自分の作業環境だけOS Xに移行しました。(自腹で。)

仕事で使うとなると予測してない問題点も出てくるだろうし、OS 9の環境で使ってるスクリプトやユーティリティ類をOS X用に移植したり、代替の物を探したりしないといけないので、それらの準備も兼ねてるんですが。

ただ、マシンがG4 466MHz(Digital Audio)と、非常に非力なマシンで、そのままではとてもCS2を動かせないのでハード面もアップグレード。
OS 9とのデュアルブートで使えて、そう遠くない将来マシン自体をリプレースする事も踏まえて、あまり気合いを入れないチョイスをしました。

内容としては、
CPUをFastMacのG4 1.5GHz、メモリをMaxの1.5GBに。
ビデオカードをQuartzExtreme対応で、かつOS 9ブート時でも問題なく使える物に。ATI Radeon7500あたりが手頃で良かったけれど、たまたまVintageComputerさんに入荷してたnVIDIA GeForce4 Tiに変更。
P1000894.jpg

P1000897.jpg

最高スペックを目指すならまだまだ余地はありますが、これ以上は費用対効果が薄れてくると思います。

で、結果としては、速度的にはかなり改善され、コストパフォーマンスはかなり良いアップグレードになりました。
仕事ではCS2のPhotoshopとIllustratorをメインに使うんですが、サクサク・・・とまでは行かないまでも、ストレス無く充分 使えるレベルです。さすがにInDesignは重めの動作ですけど。あと、ポインタの矢印にQuartzExtremeの動作を示す『影』が表示されるの がちょっと嬉しい・・・CS2がUB化されるまではなんとか持ちそうです。

ただ、中にファンが2つ増えるのと、元から付いてるファンの回転数がかなり上がるので、G4 MDD程では無いにせよファンの音はかなり大きくなります。
Profile
choco
Author : choco

印刷・製版の現場を経て、広告制作会社でPhotoshopを使ったビジュアル制作を担当。

→現在は車載機器開発ベンダにて、組み込み3Dデータ作成やUIデザインなどを行っています。

Categories
Favorites


Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。