スポンサーサイト

Tags :
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

netatalkのポート番号

ImageServer1 -transall -port 12000 -maccodepage "SHIFT_JIS" -uamlist uams_guest.so -defaultvol /etc/netatalk/GuestVolumes.default
ImageServer2 -transall -port 12001 -maccodepage "SHIFT_JIS" -uamlist uams_clrtxt.so,uams_dhx.so -defaultvol /etc/netatalk/AppleVolumes.default


netatalkで、 afpd.confに2つのエントリを書いて、Macの『セレクタ』からは別々のサーバとして見えるように使ってたんですが、全てのエントリに使用する TCPポート番号を明示しておかないと1番目のエントリはTCP/IPでデフォルトポート(548番)への接続になり、2番目以降のエントリは全て Appletalkでの接続になってしまうんですね・・・

MacOSX10.4からはAFPoverTCP/IPでの接続しか出来なくなっているので、2番目以降のエントリに書いた方にアクセス出来なくてこの事に気付いたんですが、10.3まではAppleTalkで接続していた様なので、特に意識してませんでした。

『netatalk.log』を見てみると、MacOS8.xとかはファイル共有の『サーバ側』としてはAppletalkのみですが、クライアントとしてnetatalkに接続する際は、サーバ側が受け付けていればTCP/IPでの接続になるようです。
スポンサーサイト
Profile
choco
Author : choco

印刷・製版の現場を経て、広告制作会社でPhotoshopを使ったビジュアル制作を担当。

→現在は車載機器開発ベンダにて、組み込み3Dデータ作成やUIデザインなどを行っています。

Categories
Favorites


Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。