スポンサーサイト

Tags :
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『regist』っていう英単語

Tags :

『regist という英語は無い』
秋元@サイボウズラボ・プログラマー・ブログ

自分も『regist.php』とか『?mode=regist』とか『Regist』ボタンとか、まあいろいろ平気で使ったりした事があるんですけど、確かに『regist』っていう英単語は辞書に載ってません。
なんでそれを全然おかしいとは思わなかったのか…普通に動詞としてありそうって思えるのもあるんですが、自分の場合は以前勤めてた半導体製造の現場で、工程にある『レジスト塗布』や『レジスト剥離』って言葉が頭の中に残ってて、それが違和感なくしてた気がします。

でもそっちの『レジスト』は『resist』なんですが。

その半導体製造での『レジスト』っていうのは、シリコンのウェハ上に回路のパターンを作る際の前処理で、感光材を塗布してそこにパターンが刻まれたガラスマスクを重ねて光を当てて転写して現像し、処理しない部分に膜を作るんですが、その辺は写真製版と同じような技術で、大日本スクリーンなんかも装置を作ってます。

で、ウェハに不純物を添加する等の処理が終わると不要になったレジストを剥離して、また何層かのレイヤを形成するように作業を繰り返すんですが、そのレイヤごとに転写するマスクの位置がズレないように見当を合わせる為の『アライメントマーク』っていうのがあるんですね。ちょうど写真製版の『トンボ』みたいに。(顕微鏡でないと見えないサイズの。それがズレてしまうのをのを、版ズレならぬ『アラズレ』って言ったりします)

そういうのもあって、トンボの『registration mark』と『resist』がごっちゃになってしまって『regist』なんて単語を作り出してしまったんじゃないかと思うんですよね、自分の場合は。どうでもいい事ですが。
スポンサーサイト
Profile
choco
Author : choco

印刷・製版の現場を経て、広告制作会社でPhotoshopを使ったビジュアル制作を担当。

→現在は車載機器開発ベンダにて、組み込み3Dデータ作成やUIデザインなどを行っています。

Categories
Favorites


Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。