スポンサーサイト

Tags :
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大日本スクリーンのドラムスキャナ『SG-818』を3DCGで再現する

古い書類を整理していたら、むか〜し製版の仕事で扱っていた大日本スクリーンのドラムスキャナのカタログが…



ちょうど良いネタだと思い、往年のスキャナ『SG-818』を少ない資料と記憶を頼りにBlenderを使ってモデリングしてみました。


SG-818は、自分が製版会社に入って最初に使っていた80年代後半のドラムスキャナで、DTP以前のアナログ製版時代のものなので当然Macへ画像を入力するのではなく、4色分解してアミカケされたイメージをフィルムに露光して出力します。(DTP世代の人には何言ってるのか解らないかも知れませんが)

今となっては実機を見る機会はないですし(そもそも現存してるのか…)資料もカタログ以外ほとんど無いので、細かい部分はいろいろ割愛。Google先生もこの件に関してはお手上げの様でした。


一通りモデリングしてCyclesを使ってレンダリング。寸法などは割と目分量です。


本体の向かって左側にはA2サイズほどのフィルムを巻き付ける『ドラム』が格納されています。さらに左側にはレーザーで網点を生成する『ドットジェネレータ』があるんですが、ちょっと面倒になったので省略。

この当時のスキャナは、露光が終わったフィルムを現像機に通すために部屋を暗くする必要があったので、本体まるごと暗室の中に設置されていました。(もちろん現像の時以外は照明は点いてます)

フィルムの記録部が分離したセパレートタイプの機種もありましたが(DTPが普及する前の電子集版システムの出力機としても使用されていた)、現在使われているドラムスキャナは原稿を読み取る部分だけが残って入力装置になっている感じです。


操作パネル。ずらっと並んだスイッチ類が、なんとなくシンセぽいです。


LEDのメーターに表示される各版のアミ%を頼りに、ダイヤルの数値を変えながら明るさやトーンカーブ、カラーコレクションなどの色調をセットアップします。

Photoshopの『色調補正』メニューにある様な操作を、ツマミを回して行う感じでしょうか。当然、結果は『刷り上がって』来るまで見る事ができないので、それを予測するための『データの積み重ね』が重要でした。

セットした設定を記憶させる機能は無く、原稿ごとにツマミの位置をノートに記録するなどしてました。


カラー原稿をシリンダーに貼った状態を上から。


ビューワーを覗きながらハンドルを回して『手動で』ピントを合わせます。

シリンダーは高速で回転するので、原稿の貼り方が悪いと遠心力で外れて装置に当たって破れ、その結果始末書を書かされたり得意先に頭を下げに行ったり補償を要求されたりと、いろんな意味で大惨事が起こります。(ただ、自分の知る限りでは回転中よりもスキャンが終わって原稿を剥がす時に『やってしまう』人が多かったようですが)


シリンダーが回転している様子を動画にしてみました。(レンダリングに時間がかかるので少し粗め)


デジカメの普及で絶滅寸前になりながらも案外しぶとく生き残っている感じがするドラムスキャナですが、現在使われているDTPの入力機と化した、出力部のドラムを持たないものをドラムスキャナと呼ぶのは何となく抵抗が…シリンダーも形状的には同じなので間違ってはいないんでしょうけど。(どうでも良いですね)

以上、誰得エントリーでした。
スポンサーサイト

AppleScriptでJPEG画像がプログレッシブかどうかを判定する

AdobeのPhotoshopフォーラムに投稿されていたのを見て、ちょっと考えてみました。

ApplescriptでプログレッシブJPEGはわかりますか?
(Adobe Forums: フォーラム: Photoshop (Japan))

PhotoshopのAppleScriptリファレンスを眺めてみたり、保存した画像のXMPメタデータにそれらしい情報が含まれていないか見てみたんですが、Photoshopを使った解決法が見つからなかったので、Photoshopを使わない別の方法でやってみます。

通常この手の処理はバイナリデータを先頭から読んでいってマーカーの値が出てきたらそれを判別して……みたいな感じになりますが、AppleScriptでバイナリデータを扱うのはちょっと面倒そうなので、Unix系のOSで使える出来合いのライブラリに処理を投げてしまったほうが手取り早く、確実だと思います。

で、今回使用してみたのは『libjpeg』ライブラリに含まれる『rdjpgcom』コマンドで、シェルを使ってJPEG画像に関する情報を取り出す事ができます。このコマンドをAppleScriptの『do shell script』で呼び出してやります。

そのためにはMacに『libjpeg』をインストールしてやる必要がありますが、下のサイトでコンパイル済みのインストーラ形式のものが公開されています。

http://ethan.tira-thompson.org/Mac_OS_X_Ports.html
(@ITで紹介されていたものですが、インストーラの素性は保証できないので、利用は自身の判断で…今回必要なのは『rdjpgcom』コマンドだけなので、『libjpeg』本体は無くても良いようですが。)

上記インストーラでは『rdjpgcom』コマンドは『/usr/local/bin』にインストールされます。

このコマンドの使い方は、例えばデスクトップにある画像、ファイル名『baseline.jpg』の情報を見る場合、ターミナルで、
rdjpgcom -verbose /User/hogehoge/Desktop/baseline.jpg
のように -verbose オプションを付けてファイルのパスを渡してやれば、
JPEG image is 1280w * 1024h, 3 color components, 8 bits per sample
JPEG process: Baseline
のような形で返ってきます。

『rdjpgcom』コマンドは、JPEG画像以外のファイルを処理した場合、標準エラー出力に『Not a JPEG file』の文字列を返してくるので、メッセージを『try~on error』で拾えます。

AppleScriptから使う場合はこんな感じでしょうか。
on open drop
	repeat with aFile in drop
		tell application "Finder"
			set fPath to POSIX path of aFile as string
			set scpt to "/usr/local/bin/rdjpgcom -verbose " & quoted form of fPath
			try
				set rslt to do shell script scpt as string
				if rslt is not "" then
					display dialog name of aFile & return & word 3 of paragraph 2 of rslt
				else
					display dialog "不明"
				end if
			on error errStr
				display dialog errStr
			end try
		end tell
	end repeat
end open
上記のスクリプトではAppleScirpt側で、シェルから返ってきた文字列が入る変数rsltから『Progressive』『Baseline』を取り出していますが、
rdjpgcom -verbose /User/hogehoge/Desktop/baseline.jpg | grep process | awk '{ print $3 }'
のようにgrepとawkを通してやれば、シェル側で
Baseline
の文字列だけを取り出せます。(この場合、JPEG以外のファイルを処理すると何も返ってきません。)

結局AppleScriptでは出来てないじゃん!とか言われそうですが、Finderなどの処理を自動化しつつ、手に負えない処理はシェルや他の言語に丸投げするのがグルー(糊)な言語としてのAppleScriptの正しい使い方だと思っているので。

AppleScript & Photoshopで2つの画像の差異がある部分を着色表示する

久しぶりの更新になります。

AppleScriptを使って、Photoshopで表示している2つの画像の差異がある部分(値が同じでないピクセル)を、着色表示してみます。印刷会社などで導入されている『デジタル検版』の様な感じで表示します。

やっている事は、

・下準備として画像がレイヤを持っている場合はそれを統合して一枚モノの画像にしておき
・2つの画像をレイヤで重ね
・画像モードを『16bit/チャンネルのRGB』に変換
・上のレイヤの描画モードを『差の絶対値』にして下のレイヤと統合
・差を目立たせる為にトーンカーブでライト側を一杯まで引っ張る(入力4、出力255)
・画像を2値化してから反転
・赤く着色して元の画像に重ねて表示

という一連の動作をAppleScriptで実行しています。


例えば、オリジナル画像(Image1)と、オレンジの種を消した画像(Image2)をPhotoshopで表示しておき、AppleScriptを実行すると、差異のあるピクセルを色付けした状態で表示します。(下の画像は比較し易いように並べたものです)



こちらはオリジナル画像(Image1)に対してトーンカーブで中間域の濃度をCMYK値で5%上げた画像(Image2)の場合。

こんな感じで色付け表示します。画像の色調をトーンカーブ等で調整した際、どの辺りまで影響が出るのかを確認する事ができます。

『DIFF_THRESHOLD』の値は、どれくらいの色の差があれば色付けするのかを決めるしきい値で、スクリプト1行目の値を上の画像のように220にしておくとCMYKの値でおよそ5%以上の差があれば色付けするようになり、値が小さい程わずかな色の差で反応するようになります。

スクリプト中でRGBに変換する前に『16bit/チャンネル』にしていますが、これは2つのレイヤーの画像のCMYK値が同じだったとしても、『8bit/チャンネル』のままだとRGBの変換後に僅かな数値の違いが出てしまうためです。


で、今回色んな画像で試してみて、ちょっと意外だった事が。



上の例は、左のオリジナル画像を『JPEGフォーマット(画質は最高の12)』で保存したものと、『EPS JPEGエンコーディング(最高画質)』で保存して、それぞれオリジナルと比べてどれだけ変化しているのかを見てみたんですが、どうもEPS JPEGエンコーディングの方が色が変化したピクセルが多い(=劣化が大きい)ようで、色々な画像で試してみたんですがどれも同じ傾向でした。まあ目で見た限りでは見分けは付かないんですが、てっきり同等のものだと勝手に思い込んでいたので自分にとっては『プチ驚愕の事実』でした。

以下が今回のAppleScript。スクリプトを実行するときは『比較したい2つの画像のみ』を表示しておきます。
■動作確認
MacOSX 10.5.8
Photoshop CS4
property DIFF_THRESHOLD : 50

tell application "Adobe Photoshop CS4"
	activate
	set doc1 to document 1
	set doc2 to document 2
	set current document to doc1
	
	tell doc1
		flatten
		select all
		copy
	end tell
	
	set current document to doc2
	
	tell doc2
		flatten
		paste
		set bits per channel to sixteen
		change mode to RGB
		set imgLay1 to background layer
		set name of imgLay1 to "Image 1"
		set imgLay2 to layer 1
		set name of imgLay2 to "Image 2"
		set blend mode of imgLay2 to difference
		duplicate imgLay1
		duplicate imgLay2
		move 2nd layer to after 3rd layer
		tell layer 1
			merge
			select all
			adjust using curves with options {class:curves, curve points:{{0, 0}, {4, 255}}}
			adjust using threshold adjustment with options {class:threshold adjustment, level:DIFF_THRESHOLD}
			adjust using inversion
		end tell
		make new art layer with properties {blend mode:lighten}
		fill selection with contents {class:RGB color, red:255, green:64, blue:64}
		merge layer 1
		set name of layer 1 to "Diff"
		set opacity of layer 1 to 70
		set blend mode of layer 2 to normal
	end tell
	
end tell

画像のクリッピングパスをもう一方の同じファイル名の画像にコピーするAppleScript

地味な実用系スクリプト。

時々、入稿されてきたRGB画像が数百点にのぼり、しかもその画像を結構な短納期でキリヌキと色調補正&CMYK変換をしなければならない事があって、そんな場合はキリヌキを(海外の協力会社などに)外注し、同時進行で色調補正の作業をするんですが、後で仕上がってきたキリヌキ画像のクリッピングパスを、手元で色調補正していた画像に反映させてやる必要が出てきます。その作業を自動化するためのAppleScriptです。

実は、たけうちとおるさんのサイトにそのまんまの機能のAppleScriptがあったんですが、自分の作業環境だと意図しない動作をするようだったので、少しチェックをきつめにするようにして書きました。

■使い方
あらかじめ『キリヌキ済み(クリッピングパスがある)画像』と『キリヌキ前の画像』のフォルダを作り、その中に(対になる様)画像を整理して入れておきます。(必ずしも数が合っている必要はありませんが、後でチェックする事になるので始めのうちに揃えておいた方が良いでしょう。)

スクリプトを実行し、『キリヌキ済み(コピー元)』と『キリヌキ前』のフォルダの場所を聞いて来るので、それぞれを選択してやるとPhotoshopでの処理が始まり、キリヌキ済み画像のクリッピングパスをキリヌキ前の同名の画像に適用して行きます。

下記の様な、正しく処理出来なかったファイルは『赤ラベル』が付いて確認作業がしやすいようになっています。
・双方のフォルダで一致するファイル名のものが無かった。
・コピー元の画像にクリッピングパスが無かった。
・コピー先の画像には既にクリッピングパスがあった。
・Photoshopで開けなかった。
・…etc.

■動作確認
MacOSX 10.5.8
Photoshop CS4
tell application "Adobe Photoshop CS4"
	set ru to ruler units of settings
	set ruler units of settings to cm units
end tell

tell application "Finder"
	set srcFold to (choose folder with prompt "クリッピングあり画像(コピー元)のフォルダを選択") as string
	set srcFold to srcFold as string
	set destFold to (choose folder with prompt "クリッピングなし画像(適用先)のフォルダを選択") as string
	repeat with theFile in list folder destFold without invisibles
		set theFile to (destFold & theFile) as alias
		if not class of ((properties of theFile) as record) is folder then my setLabel(theFile, 2)
	end repeat
	set destFold to destFold as string
	repeat with theFile in list folder srcFold without invisibles
		set srcFile to (srcFold & theFile) as alias
		if not class of ((properties of srcFile) as record) is folder then
			try
				set destFile to (destFold & theFile) as alias
				my mergePath(srcFile, destFile)
				
			on error
				--コピー先のファイルを開けない(存在しない)場合もコピー元に赤ラベルを付ける
				my setLabel(srcFile, 2)
			end try
		end if
	end repeat
end tell

tell application "Adobe Photoshop CS4"
	set ruler units of settings to ru
end tell

activate me
beep
if my chkLabel(srcFold) or my chkLabel(destFold) then
	display dialog "処理に問題のある画像があります。" & return & "双方のフォルダの『赤いラベル』のファイルをチェックして下さい。" with icon 0
else
	display dialog "終了しました。"
end if


on mergePath(srcFile, destFile)
	tell application "Adobe Photoshop CS4"
		activate
		open srcFile showing dialogs never
		set srcDoc to current document
		set pathItem to path items in srcDoc whose kind is clipping
		
		if (count pathItem) is 0 then
			my setLabel(srcFile, 2)
			close srcDoc
			return
		end if
		
		--クリッピングパスが存在せず下の行の処理に失敗すると以降の記述が実行されない場合がある?(エラーは出ず再現条件不明)
		set cp to entire path of path items in srcDoc whose kind is clipping
		close srcDoc
		my setLabel(srcFile, 4)
		
		open destFile showing dialogs never
		set destDoc to current document
		if (count (path items in destDoc whose kind is clipping)) is 0 then
			make new path item in destDoc with properties {entire path:cp, name:"Clipping", kind:clipping}
			my setLabel(destFile, 4)
			close destDoc saving yes
		else
			close destDoc
		end if
		
	end tell
end mergePath


on setLabel(theFile, col)
	tell application "Finder"
		set label index of theFile to col
	end tell
end setLabel


on chkLabel(theFolder)
	tell application "Finder"
		repeat with theFile in list folder theFolder without invisibles
			set theFile to (theFolder & theFile) as alias
			if label index of theFile is 2 then return true
		end repeat
		return false
	end tell
end chkLabel

3DCGソフト『Blender』のDTPer的な利用法



DTPの制作現場に携わってると時々「この文字を立体的に表現できる?」なんてリクエストを受ける事がありますが、最近ではAdobeのアプリに3D表現の機能が充実してきたので、昔みたいにサードパーティーのプラグインを使ったりしなくてもお手軽に立体表現ができる様になってきました。ただ、どうしても「いかにも」な感じになったり、質感が乏しかったりで、先方が首を縦に振ってくれる物を作るのが難しい場合も有ります。

そこで、フリーの3DCGソフトを使ってIllustrator等で表現するよりもリアルに文字や図形を立体化する方法を紹介したいと思います。3DCGを制作する際にスキルを要する「モデリング」の部分はIllustratorで作ったパスを使うので、あとは表面の質感(マテリアルやテクスチャ)、光源を設定してやる部分さえ何とか出来れば形になると思います。

フリーで使える3DCGソフトとして、自分はいつも『Blender』を使用しています。このソフトはその気になれば本格的な3DCGアニメーションが作れるくらい多機能なんですが、始めは独特なUIに面食らってしまって使い方を覚えるのにかなり苦労しました(慣れると手が勝手に動く様になるんですが)。今回の例では一部の基本的な機能だけを使っているので、『使い方さえ解れば』それほど難しくはないと思います。

BlenderはMac、Windows、Linux等各OS用が用意されていて、UIも全く同じなので違うプラットフォームでも違和感無く使う事が出来ますが、操作は3ボタンマウス必須なのでMacの場合は用意する必要が有るかも知れません。

Blenderの基本的な操作については以下のリンク先が参考になります。
JBDP Blender Documentation 日本語版
チュートリアル(本当に初めての方のために作成したBlenderチュートリアル) - WBS+(Web/Blender Studio+)
BlenderWiki

作業の流れとしては、
・立体化したい文字や図形などをIllustratorで作成し、アウトライン化したパスをファイルとして保存する。
・Illustratorで保存したファイル(パス)をBlenderでインポートする。
・Blender上で、パスの図形に厚みを与え、表面の材質(マテリアルやテクスチャ)を設定する。
・実際に出力するイメージに合わせたカメラアングルや光源の設定をする。
・必要な解像度でレンダリングし、画像ファイルとして出力する。
といった感じになります。ただBlender上での作業は狙った通りのイメージになるまでパラメータを弄りながらある程度試行錯誤する事になると思います。

今回はあくまで「こんな方法もある」といった事を紹介するのが主目的なので具体的な操作については割愛しますが、興味のある方は上記のリンク先等を参照してみてください。作業する上でハマりそうな部分や数値などが参考になりそうな部分はスクリーンショットを載せておきます。

では実際にウチのBlogのタイトル文字を立体化してみます。

まず、立体化したい文字等のアウトラインデータをIllustratorで作成し、『SVG形式』で保存します。A3のアートボード一杯くらいの大きめのサイズで作った方がBlenderでの作業が楽になります。


BlenderにはEPSやAIフォーマットのデータをインポートする機能も用意されてるんですが、いろいろ試した結果SVGで保存したものが一番安定してインポート出来る様でした。


Blenderで、保存したIllustratorのファイルをインポートします。


次に表示されるメニューではInkSpace(.svg)を選択、『Inport Options』は何も選択しない状態でOKすれば問題無くインポート出来ました。




で、インポートされたパスに厚みを付けるんですが、『Curve and Surface』パネル中の『Extrude』で文字の厚み(奥行き)、『Bevel Depth』で角を落とすサイズの値を設定します。Illustratorで作成したパスのサイズが小さいとBlender上で拡大しても小さな数値(0.001とか)で大きく変化するので注意が必要です。


文字のオブジェクトにマテリアルを設定し、光源やカメラを配置してレンダリングします。マテリアルは鏡面加工の金属ぽい質感になるよう設定しました。光源の配置が結構キモになったりするので、いろいろ試行錯誤していきます。


レンダリング結果。ターミネーター風。


今度は別のパスをインポートして下の様な画像をテクスチャとして設定し、レンダリングしてみます。




トランスフォーマー風になりました。


もちろんアングルを自由に変えられますし、このデータをそのまま使ってアニメーションにする事もできます。


実際の制作物ではレンダリングした画像だけで完結するのではなく、別の画像と合成して使う事になる場合もあると思いますが、そんな時は後々作業がやり易い様に、文字のマテリアルを完全に白く飛んでしまう設定にしてレンダリングし、文字部分のマスクとして使える物も作っておきます。

■2009.7.21追記 コメントにて教えていただきましたが、レンダリングの設定でFormatパネルのRGBAをオンにしてPNGで書き出せば、背景が透明に抜けた状態の画像が得られます。

レンダリングした画像を印刷物に使う場合、そのままではネムい仕上がりになってしまう事があるので(テクスチャの解像度が低い場合は特に)、適切なシャープネス処理が必要になります。


以上、非常に大雑把な説明でしたが、スキルを要するモデリングの部分をIllustratorのパスを使う事によって簡略化できるので、3DCGに興味はあるけど敷居が高いと感じてる人もこの辺りから手を付けると良いんではないでしょうか。画像を見ても分かる通りBlender標準のレンダラでも品質の高いレンダリングを行う事が出来ます。自分もほんのさわりの部分しか使ってませんが、Photoshopでのちょっとした合成用素材なんかを作るのにも重宝しています。
Profile
choco
Author : choco

印刷・製版の現場を経て、広告制作会社でPhotoshopを使ったビジュアル制作を担当。

→現在は車載機器開発ベンダにて、組み込み3Dデータ作成やUIデザインなどを行っています。

Categories
Favorites


Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。