<?chocolife>

provided "as is", with all faults.

スポンサーサイト

Tags :
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

AppleScriptでJPEG画像がプログレッシブかどうかを判定する

Tags : [DTP] [MacOSX] [AppleScript] [Image] [JPEG]
AdobeのPhotoshopフォーラムに投稿されていたのを見て、ちょっと考えてみました。

ApplescriptでプログレッシブJPEGはわかりますか?
(Adobe Forums: フォーラム: Photoshop (Japan))

PhotoshopのAppleScriptリファレンスを眺めてみたり、保存した画像のXMPメタデータにそれらしい情報が含まれていないか見てみたんですが、Photoshopを使った解決法が見つからなかったので、Photoshopを使わない別の方法でやってみます。

通常この手の処理はバイナリデータを先頭から読んでいってマーカーの値が出てきたらそれを判別して……みたいな感じになりますが、AppleScriptでバイナリデータを扱うのはちょっと面倒そうなので、Unix系のOSで使える出来合いのライブラリに処理を投げてしまったほうが手取り早く、確実だと思います。

で、今回使用してみたのは『libjpeg』ライブラリに含まれる『rdjpgcom』コマンドで、シェルを使ってJPEG画像に関する情報を取り出す事ができます。このコマンドをAppleScriptの『do shell script』で呼び出してやります。

そのためにはMacに『libjpeg』をインストールしてやる必要がありますが、下のサイトでコンパイル済みのインストーラ形式のものが公開されています。

http://ethan.tira-thompson.org/Mac_OS_X_Ports.html
(@ITで紹介されていたものですが、インストーラの素性は保証できないので、利用は自身の判断で…今回必要なのは『rdjpgcom』コマンドだけなので、『libjpeg』本体は無くても良いようですが。)

上記インストーラでは『rdjpgcom』コマンドは『/usr/local/bin』にインストールされます。

このコマンドの使い方は、例えばデスクトップにある画像、ファイル名『baseline.jpg』の情報を見る場合、ターミナルで、
rdjpgcom -verbose /User/hogehoge/Desktop/baseline.jpg
のように -verbose オプションを付けてファイルのパスを渡してやれば、
JPEG image is 1280w * 1024h, 3 color components, 8 bits per sample
JPEG process: Baseline
のような形で返ってきます。

『rdjpgcom』コマンドは、JPEG画像以外のファイルを処理した場合、標準エラー出力に『Not a JPEG file』の文字列を返してくるので、メッセージを『try~on error』で拾えます。

AppleScriptから使う場合はこんな感じでしょうか。
on open drop
	repeat with aFile in drop
		tell application "Finder"
			set fPath to POSIX path of aFile as string
			set scpt to "/usr/local/bin/rdjpgcom -verbose " & quoted form of fPath
			try
				set rslt to do shell script scpt as string
				if rslt is not "" then
					display dialog name of aFile & return & word 3 of paragraph 2 of rslt
				else
					display dialog "不明"
				end if
			on error errStr
				display dialog errStr
			end try
		end tell
	end repeat
end open
上記のスクリプトではAppleScirpt側で、シェルから返ってきた文字列が入る変数rsltから『Progressive』『Baseline』を取り出していますが、
rdjpgcom -verbose /User/hogehoge/Desktop/baseline.jpg | grep process | awk '{ print $3 }'
のようにgrepとawkを通してやれば、シェル側で
Baseline
の文字列だけを取り出せます。(この場合、JPEG以外のファイルを処理すると何も返ってきません。)

結局AppleScriptでは出来てないじゃん!とか言われそうですが、Finderなどの処理を自動化しつつ、手に負えない処理はシェルや他の言語に丸投げするのがグルー(糊)な言語としてのAppleScriptの正しい使い方だと思っているので。
FC2 Management
  1. 2011/07/03(日) 21:34:28|
  2. DTP & Graphics
  3. | TB:0
  4. | Comments:0

AppleScript & Photoshopで2つの画像の差異がある部分を着色表示する

Tags : [DTP] [MacOSX] [AppleScript] [Photoshop] [Color]
久しぶりの更新になります。

AppleScriptを使って、Photoshopで表示している2つの画像の差異がある部分(値が同じでないピクセル)を、着色表示してみます。印刷会社などで導入されている『デジタル検版』の様な感じで表示します。

やっている事は、

・下準備として画像がレイヤを持っている場合はそれを統合して一枚モノの画像にしておき
・2つの画像をレイヤで重ね
・画像モードを『16bit/チャンネルのRGB』に変換
・上のレイヤの描画モードを『差の絶対値』にして下のレイヤと統合
・差を目立たせる為にトーンカーブでライト側を一杯まで引っ張る(入力4、出力255)
・画像を2値化してから反転
・赤く着色して元の画像に重ねて表示

という一連の動作をAppleScriptで実行しています。


例えば、オリジナル画像(Image1)と、オレンジの種を消した画像(Image2)をPhotoshopで表示しておき、AppleScriptを実行すると、差異のあるピクセルを色付けした状態で表示します。(下の画像は比較し易いように並べたものです)



こちらはオリジナル画像(Image1)に対してトーンカーブで中間域の濃度をCMYK値で5%上げた画像(Image2)の場合。

こんな感じで色付け表示します。画像の色調をトーンカーブ等で調整した際、どの辺りまで影響が出るのかを確認する事ができます。

『DIFF_THRESHOLD』の値は、どれくらいの色の差があれば色付けするのかを決めるしきい値で、スクリプト1行目の値を上の画像のように220にしておくとCMYKの値でおよそ5%以上の差があれば色付けするようになり、値が小さい程わずかな色の差で反応するようになります。

スクリプト中でRGBに変換する前に『16bit/チャンネル』にしていますが、これは2つのレイヤーの画像のCMYK値が同じだったとしても、『8bit/チャンネル』のままだとRGBの変換後に僅かな数値の違いが出てしまうためです。


で、今回色んな画像で試してみて、ちょっと意外だった事が。



上の例は、左のオリジナル画像を『JPEGフォーマット(画質は最高の12)』で保存したものと、『EPS JPEGエンコーディング(最高画質)』で保存して、それぞれオリジナルと比べてどれだけ変化しているのかを見てみたんですが、どうもEPS JPEGエンコーディングの方が色が変化したピクセルが多い(=劣化が大きい)ようで、色々な画像で試してみたんですがどれも同じ傾向でした。まあ目で見た限りでは見分けは付かないんですが、てっきり同等のものだと勝手に思い込んでいたので自分にとっては『プチ驚愕の事実』でした。

以下が今回のAppleScript。スクリプトを実行するときは『比較したい2つの画像のみ』を表示しておきます。
■動作確認
MacOSX 10.5.8
Photoshop CS4
property DIFF_THRESHOLD : 50

tell application "Adobe Photoshop CS4"
	activate
	set doc1 to document 1
	set doc2 to document 2
	set current document to doc1
	
	tell doc1
		flatten
		select all
		copy
	end tell
	
	set current document to doc2
	
	tell doc2
		flatten
		paste
		set bits per channel to sixteen
		change mode to RGB
		set imgLay1 to background layer
		set name of imgLay1 to "Image 1"
		set imgLay2 to layer 1
		set name of imgLay2 to "Image 2"
		set blend mode of imgLay2 to difference
		duplicate imgLay1
		duplicate imgLay2
		move 2nd layer to after 3rd layer
		tell layer 1
			merge
			select all
			adjust using curves with options {class:curves, curve points:{{0, 0}, {4, 255}}}
			adjust using threshold adjustment with options {class:threshold adjustment, level:DIFF_THRESHOLD}
			adjust using inversion
		end tell
		make new art layer with properties {blend mode:lighten}
		fill selection with contents {class:RGB color, red:255, green:64, blue:64}
		merge layer 1
		set name of layer 1 to "Diff"
		set opacity of layer 1 to 70
		set blend mode of layer 2 to normal
	end tell
	
end tell
  1. 2011/01/10(月) 18:19:22|
  2. DTP & Graphics
  3. | TB:0
  4. | Comments:0

MacOSXの源流『NEXTSTEP』とWebブラウザの起源『WorldWideWeb』に触れる

Tags : [MacOSX] [OldComputer] [NeXT] [Web]
自分は趣味としての観賞用というか、盆栽用に古いコンピュータを何台か持っているんですが、その中にかつてApple Computerを追われたSteve Jobsが作った『NeXT社』のワークステーション、『NeXTstation』があります。今の住居に引っ越す際に梱包して以来、そのままクローゼットに放置したままになっていたので動作確認も兼ねてちょっと引っ張り出してみました。別に自分は現役で使ってた訳ではなく後になって入手したクチで良く知らない部分も多いので、ちょっと調べながら画像を交えて軽く紹介したいと思います。

所有しているのは『スラブ』と呼ばれる平べったい形状の『NeXTstation TurboColor』の方で、残念ながら立方体のデザインが特徴の『NeXTcube』ではないんですが、CPUにQuadora以前のMacにも採用されていた『68k』のMC68040/33MHzを搭載したシリーズ中では最速のモデルです。


下は1990年、Steve Jobs氏によるNeXTのプレゼンテーションの動画。


本体のフタを開けると中はこんな感じになっていて、電源とロジックボードに隠れてしまってあまり見えませんが、シャシーはNeXTcubeの筐体と同じくマグネシウム合金製で、右側に見えるフタの内側も同じ部材で覆ってシールドされています。昔のMac(IIciとか)も筐体の内側が銀色ですが、あのようなメッキとは違って数mmの分厚い材質でできています。底部にはファンからの熱を逃がす開口部があり、フィンの形状に加工されるなど凝った作りになっています。



ディスプレイやキーボードは、本体に接続した『SoundBox』と呼ばれるスピーカーを内蔵したインターフェースを介して接続します。キーボードから電源のON/OFF、音量やディスプレイの輝度を調節出来る様になっていました。後期のTurboモデルではG3以前のMacに採用されていたADB仕様のキーボードとマウスが用意されていて(画像の下のもの)、これらのキーボードやマウスは『秋葉館』等のショップで扱っていたのでMac用に購入して使っていた人もおられるのではないでしょうか。


それでは、MacOSXのベースとなったOS、『NEXTSTEP』(バージョンは3.3J)を起動してみます。下の画像はログイン画面で、ログインに失敗するとダイアログが左右にブルブル振動する動作はMacOSXになっても変わっていません。


ファイルやフォルダの管理はMacOSXのFinderに相当する『Workspace Manager』と呼ばれるアプリケーション上で行います。ウインドウの上部にフォルダやファイルへのショートカットを登録する『シェルフ』を持つ等、MacOSX10.2 JaguarまではFinderのウインドウはこれと良く似たレイアウトになっていました。画面の右側にあるのがランチャーとして機能する『Dock』で、ドラック&ドロップでアプリケーションを登録します。ベースになっているので当然なんですが、ディレクトリの構成や命名規則等、MacOSXとの共通点が数多くあります。

アプリケーションがインストールされている『NeXTApps』フォルダの中にはMacOSXでおなじみの『Preview.app』や『Terminal.app』、スクリーンショットを撮る『Grab.app』もあります。拡張子が『.app』のアプリーケションはMacOSXのものと同様、実態は複数のファイルがバンドルされたパッケージになっています。

『Mail.app』を起動したところ。受信箱にはSteve Jobsからのメッセージが入っています。

メールの文章中に画像が表示されていますが、このメールは独自の『NeXTMail』形式で、画像や音声を直接挿入出来、送信するメールを作成する際にドラッグ&ドロップで配置出来る様になっています。

今回スクリーンショットを撮るのにGrab.appが大活躍しましたが、スクリーンショットとして保存されたTIFF画像をMacにコピーするためにNeXTstation側でNFSサーバを起動しておき、Mac側でマウントしてファイル共有しました。またインターネットへの接続もブロードバンドルータを使った環境ならネームサーバやルータのIPアドレスを設定をしてやるだけで行えます。ただ、伝統的なUNIXの設定ファイルではなく、GUIの設定ツールを使わないと設定が反映されない等、若干ハマる部分がありました。(このあたりはMacOSXでも時々起こる事ですね)

では次に、インターネットに接続してみます。

世界初のWebサーバはNeXTで動作していた』というのは有名な話ですが、その辺の蘊蓄は他に任せるとして、初期の『HTTPを使ったブラウザ環境』がどんなものだったのか見て行きます。

Webサーバと共にTim Berners-Leeによって書かれた最初のWebブラウザ、『WorldWideWeb』を起動してみます。(画像は若干バージョンが進んだ『WorldWideWeb1.0』のもの)

『Navigation』パネルに『<Previous』『Next>』ボタンがありますが、これは現在のブラウザの様に閲覧したページを行き来するのではなく、HTML上に出てくるリンクタグの順に辿って行くような動作をします。


デフォルトでは起動直後に『default.html』というファイル名の、Webについての概要が記述されたページが表示されるようになっているんですが、これが本来の意味での『ホームページ』ですね。『Home』ボタンで表示されます。

下はMacで言うところのAbout画面。


初期のバージョンのWorldWideWebは、単一のファイルしか読み込まず、HTML中に画像などの外部ファイルへのリンクがあってもそれらを取得して行く動作はしませんでした。当然バーチャルホストやリダイレクトにも対応出来ず、現在のWebページをマトモに表示(というか取得)する事さえ出来ません。ただ、HTTPの仕様が固まり、NEXTSTEPの開発環境と共にWorldWideWebのバージョンが新しくなるにつれ、同じウィンドウ内でテキストと画像をインラインで表示出来る様になる等、徐々に現在のものに近づいて行きます。(下の画像は『Nexus』と改名された後のバージョン2の画面)


試しに、自前のWebサーバにアクセスしてどのようなHTTPリクエストを出しているか見てました。

初めのバージョンではGETメソッドとファイルのパスのみでHTTPのバージョン表記さえありませんが、

    GET /manual/index.html.en HTTP/1.0\r\n
Accept: */*; q=0.300\r\n
Accept: application/octet-stream; q=0.100\r\n
Accept: text/plain\r\n
Accept: text/html\r\n
Accept: */*; q=0.050\r\n
Accept: audio/basic\r\n
Accept: image/x-tiff\r\n
Accept: image/gif; q=0.300\r\n
Accept: application/postscript\r\n
User-Agent: CERN-NextStep-WorldWideWeb.app/1.1 libwww/2.16pre1\r\n
\r\n
比較的新しいバージョンでは上記の様に見慣れたHTTPヘッダを持つリクエストを出す様になっています。Acceptヘッダに記述されている、ブラウザが受け入れ可能なファイルのタイプとして、『Postscript』が指定されているのは、主に研究機関で利用されていた事に由来しているんでしょうか。

また、WorldWideWebは表示しているページを直接編集出来るエディタとしても機能する等、現代のブラウザからは消えてしまった機能も持っていました。選択されているテキストのタグを表示してスタイルを変更する事も可能です。


以上、ざっと駆け足で見てみました。当時のネットワーク環境も良くわからないのでもっとじっくり見てみないと不明な部分も多く、間違った解釈をしている点もあるかも知れません。MacOSXが語られる時にそのベースとなった『NEXTSTEP』の文字は良く見かけますが、その割に露出は少ない様な気がするので、少しでも参考になればと思います。

■参考リンク
NeXT Computer Historical Site
Web Browser History - First, Early
World Wide Web@20
evolt.org - Browser Archive
日本最初のホームページ
  1. 2009/12/06(日) 20:27:52|
  2. Old Computers
  3. | TB:0
  4. | Comments:0

画像のクリッピングパスをもう一方の同じファイル名の画像にコピーするAppleScript

Tags : [DTP] [AppleScript] [MacOSX] [Photoshop]
地味な実用系スクリプト。

時々、入稿されてきたRGB画像が数百点にのぼり、しかもその画像を結構な短納期でキリヌキと色調補正&CMYK変換をしなければならない事があって、そんな場合はキリヌキを(海外の協力会社などに)外注し、同時進行で色調補正の作業をするんですが、後で仕上がってきたキリヌキ画像のクリッピングパスを、手元で色調補正していた画像に反映させてやる必要が出てきます。その作業を自動化するためのAppleScriptです。

実は、たけうちとおるさんのサイトにそのまんまの機能のAppleScriptがあったんですが、自分の作業環境だと意図しない動作をするようだったので、少しチェックをきつめにするようにして書きました。

■使い方
あらかじめ『キリヌキ済み(クリッピングパスがある)画像』と『キリヌキ前の画像』のフォルダを作り、その中に(対になる様)画像を整理して入れておきます。(必ずしも数が合っている必要はありませんが、後でチェックする事になるので始めのうちに揃えておいた方が良いでしょう。)

スクリプトを実行し、『キリヌキ済み(コピー元)』と『キリヌキ前』のフォルダの場所を聞いて来るので、それぞれを選択してやるとPhotoshopでの処理が始まり、キリヌキ済み画像のクリッピングパスをキリヌキ前の同名の画像に適用して行きます。

下記の様な、正しく処理出来なかったファイルは『赤ラベル』が付いて確認作業がしやすいようになっています。
・双方のフォルダで一致するファイル名のものが無かった。
・コピー元の画像にクリッピングパスが無かった。
・コピー先の画像には既にクリッピングパスがあった。
・Photoshopで開けなかった。
・…etc.

■動作確認
MacOSX 10.5.8
Photoshop CS4
tell application "Adobe Photoshop CS4"
	set ru to ruler units of settings
	set ruler units of settings to cm units
end tell

tell application "Finder"
	set srcFold to (choose folder with prompt "クリッピングあり画像(コピー元)のフォルダを選択") as string
	set srcFold to srcFold as string
	set destFold to (choose folder with prompt "クリッピングなし画像(適用先)のフォルダを選択") as string
	repeat with theFile in list folder destFold without invisibles
		set theFile to (destFold & theFile) as alias
		if not class of ((properties of theFile) as record) is folder then my setLabel(theFile, 2)
	end repeat
	set destFold to destFold as string
	repeat with theFile in list folder srcFold without invisibles
		set srcFile to (srcFold & theFile) as alias
		if not class of ((properties of srcFile) as record) is folder then
			try
				set destFile to (destFold & theFile) as alias
				my mergePath(srcFile, destFile)
				
			on error
				--コピー先のファイルを開けない(存在しない)場合もコピー元に赤ラベルを付ける
				my setLabel(srcFile, 2)
			end try
		end if
	end repeat
end tell

tell application "Adobe Photoshop CS4"
	set ruler units of settings to ru
end tell

activate me
beep
if my chkLabel(srcFold) or my chkLabel(destFold) then
	display dialog "処理に問題のある画像があります。" & return & "双方のフォルダの『赤いラベル』のファイルをチェックして下さい。" with icon 0
else
	display dialog "終了しました。"
end if


on mergePath(srcFile, destFile)
	tell application "Adobe Photoshop CS4"
		activate
		open srcFile showing dialogs never
		set srcDoc to current document
		set pathItem to path items in srcDoc whose kind is clipping
		
		if (count pathItem) is 0 then
			my setLabel(srcFile, 2)
			close srcDoc
			return
		end if
		
		--クリッピングパスが存在せず下の行の処理に失敗すると以降の記述が実行されない場合がある?(エラーは出ず再現条件不明)
		set cp to entire path of path items in srcDoc whose kind is clipping
		close srcDoc
		my setLabel(srcFile, 4)
		
		open destFile showing dialogs never
		set destDoc to current document
		if (count (path items in destDoc whose kind is clipping)) is 0 then
			make new path item in destDoc with properties {entire path:cp, name:"Clipping", kind:clipping}
			my setLabel(destFile, 4)
			close destDoc saving yes
		else
			close destDoc
		end if
		
	end tell
end mergePath


on setLabel(theFile, col)
	tell application "Finder"
		set label index of theFile to col
	end tell
end setLabel


on chkLabel(theFolder)
	tell application "Finder"
		repeat with theFile in list folder theFolder without invisibles
			set theFile to (theFolder & theFile) as alias
			if label index of theFile is 2 then return true
		end repeat
		return false
	end tell
end chkLabel
  1. 2009/09/30(水) 23:59:14|
  2. DTP & Graphics
  3. | TB:0
  4. | Comments:1

Twitterで『あの人』が自分をfollowしているかどうかを調べるAppleScript

Tags : [AppleScript] [Twitter] [API] [MacOSX]
ここんとこ仕事が立て込んでたので放置してしまいました。ちょっと軽めのネタを。

Twitterやってると突然、『follow整理します!』みたいな感じのPOSTが流れて来て、そんな時に自分のfollowerが減ってたりすると、『えっ?…オレ?』とか思ったりして、特に相手がお気に入りの人だったりするとちょっと気になったりするもんです。また、結構前にfollowしたけどfollow返されてたっけ?みたいに思ってもtwitterからの『followされました』メールをいちいちチェックするのも面倒です。

相手にremoveされたかを知るには、『りむったー』とか『Qwitter』等のサービスを利用すればremoveされた際に通知を受け取る事が出来ますが、そもそも一度もfollowされてない相手には関係がありません。

そこで、Twitter APIに用意されている『ユーザ間のfriend関係』を調べる機能を利用して『相手にfollowされてるかどうかを調べる』AppleScriptを書きました。この手のサービスやuser.jsも有りそうですが、探すヒマがあったら自分で書く、みたいな感じで。あと、高機能なTwitterクライアント使ってる人には必要無いかも知れません。

スクリプト中の『あなたのユーザ名』『パスワード』の部分を書き換えて実行し、気になる『あの人』のユーザ名を入力するとfollowされてるかどうかを表示します。





■動作確認
MacOSX 10.5.8
property user : "あなたのユーザ名"
property pass : "パスワード"

tell application "Finder"
	set friend to text returned of (display dialog "『あの人』のユーザ名を入力してください。" default answer "") as string
	try
		--set scpt to "curl --user \"" & user & ":" & pass & "\" -L \"http://twitter.com/friendships/exists.json?user_a=" & friend & "&user_b=" & user & "\""
		set scpt to "curl -L \"http://api.twitter.com/1/friendships/exists.json?user_a=" & friend & "&user_b=" & user & "\""
		set ret to do shell script scpt
	on error
		my myError()
	end try
	
	set mes to "『" & friend & "』さんは、あなたをfollowして"
	if ret is "true" then
		display dialog mes & "います。" buttons "OK" default button 1
	else if ret is "false" then
		display dialog mes & "いません。" buttons "OK" default button 1 with icon 2
	else
		my myError()
	end if
end tell

on myError()
	activate me
	display dialog "ユーザ名を正しく入力してください。" buttons "OK" default button 1
	error number -128
end myError
  1. 2009/09/13(日) 17:55:46|
  2. Computer-General
  3. | TB:0
  4. | Comments:0
 | 

Profile

choco

Author:choco
印刷・製版の現場を経て、現在は広告制作会社に勤務。
Photoshopを使ったビジュアル制作を主に担当。
時々コードも書きます。

Categories

Favorites





Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。